6096364825_0b294a9736_z

寒い時期や雨の日など、外に走りに行くのが大変なときはローラー台でのトレーニングがオススメです。

ローラー台を使えば信号待ちなどによるペースの乱れもありませんので、心拍数やケイデンスが乱れず、

効率的なトレーニングを行うことができます。

 

ただ、どうしても路上特有のバランス感覚などは鍛えられないので、リアルな走行感というものはローラー台では得られませんでした。

今回ご紹介するグロータックのローラー台は、実際に路上を走行しているような走行感が得られるように独自の機構が搭載されており、

まるで実際に路上を走行しているような感覚でトレーニングすることができます。

 

 

グロータックのローラー台は何が違う?

ba58b83c99f4fd26f9a52b4adff6b3e1-644x565

グロータックのローラー台の一つ目の特徴は、ロードバイクの前輪を外して固定する方式です。

固定ローラーでは後輪のクイックリリースレバーを交換して固定を行いますが、ホイールを外すようなことはありませんし、

三本ローラーではそのまま台の上に自転車を乗せるだけなので、自転車そのものの部品をいじったりすることはありません。

 

グロータックのローラー台はこれらのローラー台と違い、前輪を取り外してフロントフォークを使って固定する形式となっています。

そのため、固定には少し手間がかかりますが、前輪を外す分スペースが節約できるため、自転車1台分程度のスペースでトレーニングを行うことができます。

 

また、ロードバイクを固定する部分は左右に動くように作られているため、体重移動や体幹のブレによってバイクが左右に揺れ動き、

まるで実際に走行しているような感覚を得ることができるのです。

これにより、ペダリングによる自転車のブレがどの程度発生しているかが一目で解りますし、路上を走っているときのように自然に自転車を振ることもできます。

 

そのため、従来のローラー台では難しかったダンシングの練習も行えます。

ダンシングは自転車を左右に振って推進力を高めますが、固定ローラーではフレームがしっかり固定されているので振ることができませんし、

三本ローラーでは左右にバランスを崩すと転倒してしまう危険があるためダンシングを行うのは至難の業でした。

 

グロータックのGT-Roller Flexはフロント部分が左右に動くことで車体全体が左右に振り子のように動くため、

ダンシングをした際にリアルな動きを再現することが可能となっています。

ローラー台ではできなかったダンシングを用いてのもがきや、大きめの負荷をかけて登りのダンシングを練習することができるのがグロータックのローラー台の最も大きな特徴です。

 

 

固定ローラーより高い静音性

fd9912d5ba89be1aa0e08b3825c674f2-187x300

 

ローラー台を購入する際に一番気になるのが騒音です。集合住宅ならどうしても騒音の問題はついて回りますし、

一軒家でも三本ローラーのように大きな音が出てしまうものの場合、家族からクレームが出たり、夜間や早朝の使用が難しくなったりしてしまいます。

ローラー台は外に走りに行く時間が取れないときや、ちょっと体を動かしたいというときに使うことが多いものですので、

音によって使用する時間に制限ができてしまうと使う機会が一気に少なくなってしまいます。

 

グロータックのGT-Roller Flexシリーズは、後輪が接するローラー部分にエラストマー樹脂を採用しており、

トレーニング時に発生する騒音を大幅に抑えることに成功しています。

実際に使用してみましたが、制震マットなどを使っていないにもかかわらず、自転車のチェーンの音の方が大きいぐらいしか動作音がしませんでした。

全体的な騒音や振動のレベルは洗濯機の動作音より遙かに小さいものとなっているので、集合住宅でもある程度気兼ねなく利用することができるでしょう。

また、左右に車体が振れる作りになっているため、フレームに余計な負荷が加わりにくく、固定ローラーを使っているときのようにフレームやローラー台がギシギシと音を立てることもありません。

強度的に問題は無いとわかっていても、フレームから音が出るとなんだか心配になってしまいます。

グロータックのローラー台ならこのような音が出ませんので、安心してトレーニングに励むことができるでしょう。

グロータックのGT-Roller Flexの評判は?

 

実際にグロータックのGT-Roller Flex3を使っている人のレビューでは、ローラー台に付きもののタイヤのカスが出なくなった。

実走行に近い感覚なので、路上に出た際に違和感をほとんど感じなかった。

静音性が高いので隣の部屋にいた家族も音に気づかなかった。

などの口コミがありました。

 

実際に私も使用していますが、タイヤの痛み具合は今まで使っていた固定ローラーに比べてほとんど無くなりましたし、

騒音についても家族がいる部屋でトレーニングをしていても全く気にならず、会話をしながら練習できる、テレビを見ながら練習できる程度の音しか出ません。

ダンシングの練習もできるので、苦手だったダンシングでのもがきも練習できるようになり、トップスピードが数キロアップしています。

 

収納についても簡単に小さなサイズに折りたたむことができるので、準備に手間もほとんどかからず、トレーニングしたいと思ったときにすぐにセッティングすることができます。

ただ、フロントホイールを外す必要があるので、外したホイールで部屋が汚れてしまわないようにホイールをかけておく場所は必須です。

それ以外の面ではほぼ路上を走っているときと変わらない感覚で(風は当たりませんが)トレーニングを行うことができるので、寒い時期や雨が降っているとき、

忙しくて走りに行く暇が取れないときに重宝しています。

 

タイヤについては今までローラー台専用のタイヤを用意してホイールごと交換して使用していましたが、あまりにタイヤが痛まないので今ではホイールを交換せずにそのままトレーニングを行っています。

それでもタイヤカスが出ませんし、タイヤの寿命もほとんど変わっていないので、タイヤに対する攻撃性はほとんど無いか路面と変わらないと考えても良いでしょう。

 

 

グロータックのローラー台を試したいなら

q11g

 

グロータックのGT-Roller Flexは、リアルな走行感と静音性、タイヤへのダメージの少なさが特徴のローラー台です。

少々お値段は高めですが、集合住宅や賃貸住宅でも安心して使える性能を持ってるので、ローラー台を使ってみたいけど住宅環境で諦めているという方におすすめです。

また、自転車を左右に振ることができるので、屋外走行がどうしても少ないという方、ローラー台で変なクセを付けたくないという方にもおすすめできます。

 

実際に試してみたいという方は、試乗ができる店舗に行ってみるか、サイクルモードのような展示会に行くと体験することができます。

今までのローラー台と違ってちょっと乗り心地に違和感を覚えるかもしれませんので、購入する前に一度試しておくと良いでしょう。

また、グロータックでは固定ローラーの他に、前後に2本ずつローラーを設置した“4本”ローラーというものも販売しています。

 

こちらはやや騒音が大きく、場所を取るという問題はありますが、よりリアルな走行感を得ることができるローラー台ですので、

環境的に音が大きくても問題ないという方におすすめです。

4本ローラーも店舗やサイクルモードなどで試乗することができますので、興味のある方は一度試してみるといいでしょう。

 

 

 

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>