shimano-6800-groupset

ロードバイクの変速といえばワイヤーでぐいっと引っ張るのが基本でしたが、近年はモーターの力で変速を行う電動コンポもあります。

 

この電動コンポ、一昔前はプロ選手か本格的にレースをされている方ぐらいしか使っていない代物でしたが、アルテグラの電動コンポ、アルテグラDi2が登場して以来、一般ユーザーでも電動コンポを導入される方が増えてきました。

とは言え、実際に通常のコンポと電動コンポを比べてみた場合、電動にはどんなメリットがあるかわかりません。

 

そもそも、電動とワイヤー式のものを比較すると、電動の方が一式で数万円高くついてしまうため、載せ替えを考える場合、ちょっと手が出しにくいのが実情です・・・

 

今回は、電動コンポに変えるとどんなメリットがあるのか、デメリットはあるのかについて説明したいと思います。

価格についても各社の電動コンポを比較していきますので、購入を考えている方は是非参考にしてください。

 

電動コンポの仕組みとメリット

supi-doo

電動コンポは、単純にワイヤー式のコンポがワイヤーを引っ張る力とバネの力によってディレイラーを操作していたのを、モーターの力でディレイラーを動かすようにしたものです。

そのため、操作の方法が多少変わりはしますが、実際の変速動作に大きな違いはありません。

ですが、このちょっとの操作の違いが電動コンポの大きなメリットとなります。

 

 

電動コンポなら自由なシフトチェンジができる

ST-R9150-R_standard_2017Dealer0282_1200-900_v1_m56577569831024686.png.swimg.quicksmall

シマノの場合、ワイヤー式ではSTIレバーを内側に倒し込むことで変速を行いますが、電動式ではSTIレバーに取り付けられたボタンを押して変速します。

そのため、疲れているときや、大雨の中などの指先に力が入りにくい状況になっても変速をミスることがありません。

 

また、このボタンは軽い力でちょっと押すだけで反応してくれるので、指先さえ届けば全く問題無く変速できます。ワイヤー式の場合、どうしてもそれなりに力を入れないとしっかりレバーを倒し込めませんが、電動ならボタンに触れられればどんな状況でも変速可能です。

つまり、従来のワイヤー式では難しかったハンドルの下を持った状態でも楽に変速できます。

 

ちなみに、Di2ではボタンさえ押せれば変速できるように作られているので、TTバイク用のブレーキ一体型ボタンと、追加の操作キットが販売されています。

この追加キットを導入する事で、今まではDHバーの先端を持たないと変速できなかったTTバイクでも、ハンドルのサイドを持った状態で変速できるようになり、

TTバイクで登りにさしかかったときも細かなギヤチェンジが行えるようになりました。

 

ロードバイクの場合で考えると、スイッチを追加することで、上ハンをもって登りを登っているときでもリアの変速ができるようになります。

そのため、変速のためにポジションを変える必要がなくなり、より楽に登りがこなせるようになるでしょう。

とはいえ、スイッチを追加しなくてもちょっと触れるだけで変速できるので、慣れてくるとSTIのボタンにさっと触れるだけで変速できたりします。

ですので、通常の利用なら別に追加でボタンを設置する必要はそれほど無いでしょう。

 

ちなみにですが、手首を返さずに変速できるので、手首や指を故障していても楽に変速できるという利点もあります。

腱鞘炎やばね指が持病の方でも軽く変速できるので、通常のSTIより痛みを感じません。

 

 

配線の取り回しが楽

ワイヤーと違って電線がハンドルからディレイラーまで繋がっているので、ワイヤーのように取り回しで悩むことがありません。

ワイヤー式の場合、ハンドルを切ったときやワイヤーに負担がかからないように取り回す必要がありましたが、Di2はただの電線なので、多少無茶な取り回しをしても問題無く動きます。

 

流石にハンドルを切ると線が引っ張られるような取り付け方はダメですが、ブレーキワイヤーに沿わせて上手く配線を隠したり、Di2用のフレームのようにフレーム内にケーブルを通して外から見えないようにすることもできます。

ただ、ブレーキについては電動コンポでもワイヤーのままですので、どうしても前と後ろ2本分のブレーキワイヤーの取り回しは考えないといけません。一応、シマノのコンポは1つ前の世代からブレーキワイヤーもバーテープの下を通るようになったので、ハンドル周りはビックリするぐらいすっきりします。

 

 

セッティングが決まれば殆どメンテフリー

 

ワイヤー式のコンポーネントの場合、どうしてもワイヤーの伸びに合わせて張りを調整したり、ディレイラーを調整したりする必要がありました。

しかし、Di2の場合は、伸びるワイヤーが無いため、基本的にほぼメンテナンスは必要ありません。

 

一応、極々まれににディレイラーがずれてしまうことがあるので、その時はちょっと調整が必要となりますが、説明書を読んでポチポチボタンを押すだけですぐに微調整できるので、調整に実質5分もかかりません。

ワイヤー式だとドライバー片手にトップギヤから順番に調整していくのが基本ですが、Di2は工具も手間も不要なため、変速機周りのメンテナンスは実質必要ないと思っても良いでしょう。

 

 

電動コンポの弱点は?

基本的にセッティングいらずで操作も簡単で楽と良いことずくめのように思えますが、電動コンポには電動コンポの弱点があります。

とは言え、ワイヤー式にもデメリットはあるので、双方のデメリットを見てみて自分が困らないと思う方を選ぶと良いでしょう。

 

 

バッテリー式だからちょっとだけ不安

batterrrr

電動コンポーネントに興味のある方から1番よく聞かれるのがバッテリーの問題です。

電気の力で変速をしている以上、バッテリーが切れると変速できなくなります。

そのため、もし出先でバッテリーが切れてしまったら変速できずにギア固定のまま頑張って走らなければいけません。

 

一応、もしもの時のためにバッテリーが切れそうなときは前が先に動かなくなり、後ろが最後まで耐えてくれますが、完全にバッテリーがきれると最後にセットした位置で止まってしまうので、状況によってはまともに動けなくなってしまうでしょう。

ただ、アルテの場合ですが、限界まで充電せずにわざとバッテリー切れを誘発させてみた感じでは、1700kmは最低限持つようです。

私はちょっと神経質な所があって走行中は結構ギヤを変えるのですが、それでも問題無く1700km以上は変速できます。

よっぽどよく走るという人でも1ヶ月に1000kmが良いところだと思いますので、月に1回程度充電しておけばまず問題は無いと言えるでしょう。

 

ちなみに、私がDi2を使っていた頃は、サイクルラックの横に延長ケーブルを這わせて充電器を設置していました。

基本的に1週間毎日50kmは走っていたので、週末などに走れない日に充電しておくような感じです。

これでまずバッテリーがヤバくなるということはありませんでした。

 

 

ディレイラーによる事故に注意しよう

 

これは意外と知られていないようなのですが、メンテナンス中にディレイラーに指を挟まれると指が折れます。

変速の際、ディレイラーは軽くスムーズに動いていますが、実は結構な力でチェーンを引っ張り上げる必要があるため、

多少異物が挟まったぐらいでは止まってくれません。

ワイヤー式ならおかしいと思ったらレバーをそれ以上押し込まなければ良いだけなので安心ですが、電動の場合は問答無用で変速しようとします。

 

 

そのため、もし変速中に指を挟んでしまうと、そのまま指ごと変速してしまいます。

メンテナンスの際は念のためにバッテリーを外しておいたり、ディレイラー周りをいじる時はディレイラーから手を離してからボタンを操作するようにしてください。

 

ちなみにですが、この話を聞いたときに洒落で割り箸を突っ込んだら余裕でへし折れて焦りました(汗

 

 

フレームが対応していないとちょっと設置が大変

 

最近のフレームは大体対応していますが、ちょっと古めのフレームだったり、現行品でもグレードの低いフレームだと、電動コンポ用のネジ穴が無い場合があります。

そのような場合はタイラップを使ってバッテリーを無理矢理固定しなければいけないので、ちょっとだけ設置が大変です。

一応タイラップ止めでも問題無く動作はしますが、走行中にズレる可能性があるため、ちょっと気になります。

 

 

フレームが破損する可能性も・・・

先ほどの指挟み事故でも説明しましたが、電動コンポのディレイラーはしっかり変速するためにかなり強い力を掛ける作りになっています。

もちろん普通に変速していればそれほど負荷はかからないのでフレームに強い力が加わることは内のですが、

ちょっと無理な変速をしたりすると、それでも変速しようと力を加えるので、支点となるフレーム側に強い力がかかってしまいます。

 

電動コンポ以前のカーボンフレームでは、走行中の衝撃に対する剛性については十分考えて設計されているのですが、

ディレイラーを固定する部分に強すぎる力がかかることは想定されていません。

そのため、一時期電動コンポを使っている方でカーボンフレームにヒビが入ってしまったというトラブルがありました。

流石に電動コンポ以前のカーボンフレームとなると、もう6~7年は昔のフレームになるので、そろそろ交換時期とはいえますが、

もしまだ古いフレームをお使いで、電動化しようとお考えでしたら電動に対応した設計がされているか確認しておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに、現行のフレームは電動コンポを使う前提で設計されており、ディレイラーを固定する部分を頑丈に作られているので、心配する必要はありません。

 

 

電動コンポの価格はどれぐらい?

電動というとシマノのイメージがありますが、SRAMやカンパニョーロでも電動コンポを販売しています。

というわけで、シマノとSRAMとカンパの三社のコンポーネントの価格を見てみましょう。

 

 

シマノの電動コンポは2種類ある

1412282131745

まず、シマノの場合は、アルテグラ、DURA-ACE双方に電動コンポがラインナップされています。

アルテグラの価格は電動化に必要な部品のみで約12万円、これにブレーキ周りの部品とクランクが必要ですので、

全てアルテグラで揃えるとするなら大体17~8万円ぐらいが目安です。

 

DURA-ACEはちょっと種類がいくつかあるのですが、R9150なら44万円ぐらい、R9100ならすこし値下がりしたので、実売は30万円を切るぐらいになっています。

ホビーレーサーのかたならアルテグラがおすすめ。DURA-ACEは良い製品ですが、下手すると完成車より高くなるので、よほどこだわりがある方以外はちょっとおすすめできません。

 

 

SRAMの無線電動コンポーネント

sr_red_etap_hrd_shifter_right_dynamic_lw

SRAMではシフターとディレイラーが無線通信して変速する独自のシステムを導入しています。

実物を見たことが無いので性能的な面についてはちょっと控えますが、価格はクランクとブレーキ周りを除いて合計約21万円。

アルテとDURA-ACEのちょうど中間点ぐらいの価格帯となっています。

 

ただ、無線で通信しているので、取り付け自体は恐らくシマノより簡単かもしれませんね。

 

 

カンパニョーロの電動コンポーネントは高嶺の花

campagnolo_CPE105

カンパのコンポーネントは高いので有名ですが、やはり電動コンポもなかなかの価格となっています。

クランク類とブレーキ周りも含めた価格は合計でなんと約55万円!

流石のスーパーレコードですね、ちなみに私が今まで生で一回も積んでる人を見たことが無いグレードだったりします。

 

 

電動化するならシマノのアルテグラDi2がおすすめ

価格をみると一目瞭然ではありますが、入手性やコストパフォーマンス、もしもの時のアフターケアなどを考えてみると、やはりアルテグラDi2が電動コンポの中では1番一般向けだと言えます。

シマノの製品なので何処の自転車店でも扱いがありますし、部品類の取り寄せも他のものより早いので、調子が悪いときでも安心です。

 

電動コンポはワイヤー式に比べ、メンテナンスも操作も楽な機材です。

できるだけロードに乗っているときは余計な動きをしたくないという方、いつもロングライドの後半で変速が面倒になってしまう方、手首に故障を抱えているという方はアルテグラDi2を導入してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!

今回の記事の電動コンポについてもご相談に乗らせていただきます!

お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。

■サイクルワークスオオタキ

  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377

お店のHPはこちら>>

 

自転車コラムのバックナンバーはこちらからどうぞ!

 

 

 

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>