ロードバイクに長く乗っていると、次第に日常のメンテナンスではなおしきれないガタが出てきてしまいます。

ネジの緩みや見える範囲の汚れなら自力でどうにかなりますが、ベアリング内部の汚れやグリスの劣化のように、目に見えない部分の痛みは分解しないと上手くなおせません。

 

とは言え、ロードバイクに限らず、自転車は専用工具を使わないと分解できない部分が多く、分解方法も組み付け方法も少しのミスで走行中の事故に繋がりかねないため、自力でオーバーホールをするのは難しいのが現状です。

 

では、もし自転車店でオーバーホールを依頼した場合、どの程度の費用と時間でできるのでしょうか?

 

 

ロードバイクのオーバーホールってどんなことをするの?

バイクの状態にもよりますが、オーバーホールの場合はほぼ全ての部品を取り外し、フレームだけの状態にまで分解します。

完全に分解してしまう理由は、分解することでフレームの隙間にある汚れまで綺麗に取り除くことができる他に、最初から全てパーツを組み付けなおすことで全体的なバランスの調整も行えるからです。

 

また、消耗品類もほぼ交換を行います。

ただ、ブレーキシューやワイヤー類などは交換時期によってはまだまだ問題無く使えることもあるので、コストを抑えたい場合はそのまま使っても構いません。

この辺りの消耗品を残すかどうかの話はお店で依頼する際に判断して貰うと良いでしょう。見た目はまだ使えそうに思えても、実際にはそろそろ交換するタイミングだったなんてことも結構あります。

 

ちなみに、私は自分の自転車は自分でオーバーホールしていますが、交換する消耗品は大体バーテープぐらいだったりします。

ワイヤー類やブレーキシューは減ったり劣化したら随時交換してますし、オーバーホールのタイミングと部品を交換するタイミングが完全にずれちゃってるので、オーバーホールと同時に交換すると相当勿体ないことになるのが理由です。

バーテープだけは流石に再利用が難しいのと、見た目的にオーバーホールした気になるので交換しますが、張り直しができるテープをとっておいて、お金が無い時期はそのテープに変えちゃうこともあります。

 

一応シリコンのバーテープなら丸洗いして再利用できるので、見た目はそれなりに綺麗ですが、やっぱりオーバーホールするならバーテープぐらいは新品にしておきたいのが正直なところです。

 

さて、話がそれましたが、オーバーホールの際は分解と同時に各部品やフレームの洗浄を行います。

他にはスプロケット、BBの分解洗浄、クランクの洗浄もこのタイミングです。

洗浄が終わったらグリースが入っている部品については全てグリースアップを行い、必要なら細かな部品の交換もしていきます。

 

長く乗っているとBB内のベアリングや、ハブのベアリングが以外とへたってきていることも多く、この機会に内部パーツを交換することで部品そのものの寿命を伸ばし、より長い間使い続けることができるようになります。

 

パーツの洗浄とグリスアップが終わったらいよいよ組み立てです。

各パーツの取り付けトルクに注意しながら、全体のバランスをあわせつつ組み付けていきます。

組み立てが終わったらディレイラーとブレーキを調整し、ポジションを元の状態にあわせて完了。

 

これとは別に、ベアリングなどの清掃を省いたセミオーバーホールもあります。

こちらはベアリングのメンテナンスなどの大がかりな作業を無くし、費用を抑えて作業時間も短くしたものですので、日常のメンテナンスの延長や、ワイヤー類を全交換する際などに依頼すると良いでしょう。

 

 

オーバーホールにかかる時間

オーバーホールでは、フレームから大半のパーツを取り外すため、作業にはそれなりに時間がかかってしまいます。

依頼する場合はフルオーバーホールなら1週間、セミオーバーホールなら3~4日が目安です。

 

結構時間がかかるように思われるかも知れませんが、ロードバイクのパーツは通常の清掃では落としきれない汚れがこびり付いていることが多く、

どうしても手作業で細部まで綺麗にするとなると、これぐらいの時間は必要となってしまうのです。

 

チェーンのクリーニングを例としてあげると、まずチェーンをクリーナーに漬けて汚れを溶かし、ブラシやエアなどを使って一コマ一コマ奥に入り込んだ汚れを取り除いていきます。

オーバーホールと言うことでチェーンを交換してしまうのならこの作業は要らないのですが、もしそのまま使用するなら、この清掃作業だけで大体1時間前後はかかります。

 

細かい作業ですし、時間もかかりますが、この清掃をいかに丁寧に行うかがオーバーホールのキモとなる部分ですので、手は抜けません。

 

 

オーバーホールにかかる費用はどれぐらい?

サイクルワークスオオタキでは、

  • セミオーバーホールが15,000円
  • フルオーバーホールは30,000円

となっています。

メンテナンスとしては少々高めと思われるかもしれませんが、乗っていて気付かないような不具合のチェックや、致命的な故障の防止などができるので、愛車をできる限り大切に、長く乗りたいという方は定期的に受けておくと安心です。

 

 

オーバーホールのタイミングは何時が良い?

消耗品などの交換と自転車の清掃がメインとなるセミオーバーホールなら、冬場のあまり自転車に乗らない時期を狙って年一回ぐらいやっておくと良いでしょう。

毎月1000kmぐらい乗るような方ならもっと頻度が高くても良いのですが、年間で5,000kmぐらいなら年一回のメンテナンスで大体の消耗品の交換時期にピッタリはまります。

 

フルオーバーホールとなると結構大がかりに細部まで見るので、2~3年に一回か10,000kmぐらいが目安です。

ただ、絶対に10,000kmでフルオーバーホールをした方が良いというわけではありません。

もし自転車から原因不明の異音が出ているような場合や、なんとなく乗り心地や漕ぎ心地が悪くなったと感じたときもフルオーバーホールのタイミングです。

このようなトラブルの場合、パーツ単位でメンテナンスをしても、完全に良くはならないことが多く、結局オーバーホールした方が早かったなんてこともあります。

 

完全におかしくなるまではメンテナンスは不要と思われるかも知れませんが、パーツなどに問題がある状態で長く乗っていると、部品が完全に壊れてしまい、ちょっとしたメンテナンスで簡単に治るはずだった修理が部品交換で高くなってしまうなんてこともあるのです。

 

なんか変だな、新車の時には無かった違和感があるなと思ったら、セミでも良いのでオーバーホールを受けておきましょう。

費用はやや高く思えるかも知れませんが、故障を未然に防ぐことで高額な部品を交換しなくても良くなるかも知れません。

 

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!

その他のご相談も大歓迎です!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。

■サイクルワークスオオタキ

  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377

お店のHPはこちら>>

 

ロードバイクコラムのバックナンバーはこちら!

 

 

 

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>