今回のロードバイクメーカー紹介はサーベロです。

サーベロはカナダのトロントに本社をおくロードバイク、トライアスロン用バイクメーカーで、設立は1995年と比較的歴史の浅い会社です。

 

しかし、レースでの評価は高く、2000年代前半にはサクソバンクの前身であるチームCSC、後半には自らスポンサーとなって設立したサーベロテストチームで数多くのグランツールでのステージ勝利を積み重ねています。

 

 

サーベロのロードバイクの特徴は?

サーベロは全てのモデルがレース向けとして開発されており、グランフォンド向けのCシリーズ、超軽量仕様のRシリーズ、空力に特化したSシリーズ、トライアスロンやタイムトライアル用のPシリーズがラインナップされています。

普通のメーカーならモデルごと、または一部のモデルに入門向け、一般向けの低価格帯のものが用意されていますが、サーベロの場合は全てのモデルが高価格帯となっており、初心者が手を出すには少々敷居が高いのが難点です。

 

ただ、その分性能は折り紙付きで、そのモデルでも高い剛性と安定性、反応の良さはレース中の勝負所では他のライダーに対する大きなアドバンテージとなるでしょう。

 

 

サーベロCシリーズの特徴は?

Cシリーズはサーベロが新たに発表したモデルで、長距離をできるだけ早く走ることを目的として作られたバイクです。

サーベロのバイクは各モデルごとに得意とするシチュエーションが割とはっきりしているのが特徴なのですが、こちらは珍しくどのシチュエーションでもある程度のパフォーマンスが発揮できるでしょう。

 

今までのサーベロのバイクはレース向けだったため、街乗りやロングライドで使うと直進安定性の高さと剛性の高さが原因で体へのダメージが大きいのが難点でしたが、C5は路面状態が悪いコースにも対応できるよう作られているため、サーベロらしからぬ乗り心地の良さとなっています。

 

もちろん、乗り心地が良いといってもサーベロの特徴である加速の良さ、反応の良さはしっかり残っているので、長時間のライドでも気持ちの良い走りが楽しめるバイクとなっています。

 

 

軽さに特化したRシリーズ

Rシリーズは車体重量の軽さに特化したシリーズです。

 

フレーム重量が約800gしかないため、パーツの組み合わせによってはUCIの車重規定である6.8kgを簡単に下回ってしまうでしょう。

フレームの価格が高額なため、パーツもそれなりのもので揃えたい所ですが、あまり良いものを使うとレースの際に追加で重りを取り付ける必要が出てくるのが難点です。

 

とは言っても、日本国内でのアマチュアレースでは重量制限が定められていることはほとんど無いため、ヒルクライム向けに超軽量バイクを作りたいという方はRシリーズに計量パーツを組み合わせてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみにですが、こちらのフレームにローハイトのカーボンホイールとシマノのDi2を組み合わせ、各パーツをカーボン製のもので統一すると、車重が5kg台になります。

実際にレースでお会いした方がこの仕様だったのですが、持たせて貰ったところ、ロードバイクとは思えない軽さでビックリしました。

流石に人差し指1本で自転車が持ち上がったのは今まで経験したことがありません。

 

軽いバイクと言うことでヒルクライムに向いていますが、剛性は十分高く、エアロ形状も追加されているので、平坦でも十分な性能が発揮できます。

こちらのフレームも40万円以上と少々高額なフレームですが、レースからロングライドまで使いやすい性能となっているので、サーベロのバイクだけで色々やってみたいという方におすすめです。

 

 

空力重視のSシリーズ

サーベロというと個人的にはこの太いダウンチューブのイメージがありますが、その特徴を引き継いでいるのがこちらのSシリーズです。

見ての通りエアロ性能に特化したシリーズで、高速域でも空気の抵抗を押さえ、より軽い力で走行することができるでしょう。

ただ、太いダウンチューブのせいで剛性がかなり高くなっているため、乗り心地はちょっと初心者には辛いレベルになっています。

 

現在は販売されていませんが、過去にはアルミフレームのS1というモデルがあり、比較的お手頃な価格で購入できたのですが、価格は初心者向けなのに乗り味が完全に初心者には厳しい仕様だったので、仲間内では初心者キラー呼ばわりされていました。

アルミバイクはよほど上手く材質や形状を工夫しないとどうしても乗り心地が悪くなってしまうのですが、S1はダウンチューブが極太のため、振動吸収性はほぼゼロ。

そのかわりといってはなんですが、反応の良さや加速力、高速巡航については高級フレームと勝負できるレベルだったので、レース専用のセカンドバイクとしてだったり、ライザーバーを取り付けてトライアスロン用に使用している方が多くいました。

 

現行のSシリーズはカーボンフレームのみとなっているため、S1で問題だった乗り心地の悪さもある程度改善されており、良い意味で硬いモデルとなっています。

ロードバイクに戦闘力、スパルタンさを求める方は是非一度Sシリーズを試してみると良いでしょう。

サーベロSシリーズは、まさに高速でかっ飛ぶためのフレームです。

 

 

トライアスロン、タイムトライアル向けのPシリーズ

アイアンマンレースやトラックレースでよく使われているのがこちらのPシリーズです。

 

海外のレースを視聴すると、サーベロの使用率の高さにビックリするのでは無いでしょうか。

他のモデルでは多少ピーキーな特性があるサーベロのフレームですが、こちらのPシリーズはTTバイクとしては無難な作りとなっており、初心者から上級者まで扱いやすいフレームとして人気となっています。

 

特にヘッドチューブ周りはやや長めで自由度が高めとなっているため、前傾姿勢を浅くしやすく、距離の長いTTやバイクパートで上半身へのダメージが抑えられるでしょう。

もちろん、低めに設定することもできるので、コースや実力にあわせたセットアップができるのも魅力です。

 

一番安価なP2でも完成車価格が約40万円と、最近の相場からみると少し高めのバイクになりますが、それに見合う性能がある自転車です。

トライアスロンのバイクパートで勝負をかけたい方、タイムトライアルのタイムをもっと縮めたいという方はPシリーズを使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

サーベロのロードバイクは速さにこだわりたい方向け

サーベロのフレームはどのモデルも基本的に速く走ることを目的としてデザインされているため、乗り心地が良いといっても他社の乗り心地重視のフレームに比べると相当スパルタンな乗り心地となります。

レース向けバイクの中でもかなり乗り心地が硬い部類のフレームですので、ロングライドで使用するならタイヤやホイールである程度乗り心地を調整すると良いでしょう。

 

単純に高速で巡航したい、スプリントで勝ちたいという用途なら足回りもガチガチのパーツでまとめてみるのも面白いと思います。

特にSシリーズはスプリンターが全力でもがいてもびくともせずに全て推進力に変えてしまうようなフレームですので、別次元の加速が味わいたいという方には是非使って頂きたいフレームです。

 

なんだかんだと色々なロードバイクに乗ってきましたが、サーベロのS5にフルクラムのレーシングスピードを仕込んだバイクが一番えげつない加速でした。

流石に数十万円もするホイールなので一式の価格が100万円を軽く超えてしまいますが、ロードバイクの魅力のひとつである走りの軽さを追求するならおすすめです。

 

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>