ロードバイクを美しく保つための方法には、ワックスとガラスコーティングがあります。

どちらの方法でも十分きれいに保つことができますが、耐久力やメンテナンスの面から考えるとガラスコーティングがおすすめです。

ですが、ガラスコーティングはフレームの表面にガラス質の樹脂を塗り重ねているため、どうしても重量が重くなるといったデメリットが気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、今回はガラスコーティングをロードバイクに施した際のメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

 

ガラスコーティングについてはこちらからどうぞ!

 

ガラスコーティングってどんなもの?

ガラスコーティングは、ガラス状に固まる樹脂を用いたコーティング方法です。

ガラスというとどうしても熱によって柔らかくなり、常温で固まるというイメージがありますが、ガラスコーティングでは加熱などの特別な作業は必要なく、常温のまま作業を行うことができます。

そのため、施工によってフレームやパーツにダメージを与えるようなことはありませんし、フレームの状態や材料などによって施工できないということもありません。

 

また、一度硬化してしまえば安定してくれるので、硬化後に柔らかくなってしまったり、傷が入りやすくなったりすることも無いのです。

 

 

ガラスコーティングのメリット

フレームの表面にガラス状の皮膜を作るため、塗装に傷が付いたりすることを防げるのが一番のメリットです。

また、ワックスと違って個体として表面に付着するため、雨などの水分によって流れてしまうということもありません。

そのため、一度塗布すれば長期間輝きを保つことができます。

 

また、気になる重量面についても、コーティングの厚みは0.5ミクロン以下とごく薄い厚さですので、塗布によって増える重量はロードバイク全体にコーティングを施したとしても1gも変わりません。

ガラスコーティングをすると重量の増加が気になるという意見を良く伺いますが、基本的に変化は無いものと考えられる範囲ですので、ご安心下さい。

 

 

ガラスコーティングのデメリット

ガラスコーティングは汚れや傷が付きにくくなり、汚れても簡単に洗浄できるのがメリットですが、もちろんデメリットもあります。

それは、コーティング作業に時間がかかることと、少し費用が高いということです。

 

作業時間については、ショップに依頼すれば大体2~3日、自分でコーティング剤を用意して塗った場合も同じぐらいかかります。

また、費用についてもフレームのみで約5,000円から10,000円程度かかりますので、こまめにお手入れできるという場合はワックスの方が費用はかかりません。

 

※サイクルワークスオオタキでのガラスコーティング施工費用

 

ただ、施工中にホコリや傷が付くとやり直しになってしまいますし、下地処理や仕上げについても専用の機材があった方がより美しく仕上がるので、できればショップにコーティングを依頼した方が安心です。

費用については、確かにワックスの方がコスト的には優れているのですが、定期的な塗り直しが必要となるため、時間的なコストはガラスコーティングの方が優れています。

これについてはメンテナンスにどれだけ時間を割けるかという話になりますので、定期的な塗り直しが面倒という方はガラスで、毎週塗り直しても苦にならないという方はワックスを選ぶと良いでしょう。

 

サイクルワークスオオタキでフレームを購入などの場合はお安くなります。

 

 

ガラスコーティングの耐用年数はどれぐらい?

ガラスコーティングを考えられている方に良く質問されるのがガラスコーティングの耐久性です。

性能的にはきちんとメンテナンスを行えば数年間は維持できますが、美しさを保つためならツヤが無くなってきたと感じた時に塗り直した方が良いでしょう。

サイクルワークスオオタキで行っているクレストヨンドのガラスの鎧の場合は、塗り重ねるだけでガラスコーティングの性能を持続させる「ガラスの盾」という製品が用意されていますので、日常のメンテナンスの際に塗り込むだけで簡単にガラスコーティングの性能を維持させることができます。

また、「カガミの甲冑」というガラスコーティングにフッ素皮膜を作る製品もありますので、汚れが落ちにくくなったと感じた時はこちらの製品を塗り重ねるのも効果的です。

 

ちなみに、もし水洗いだけでほとんどお手入れをしない場合は、大体1年から2年程度で輝きが失われてきます。

この場合は状態にもよりますが、コーティングの塗り直しなどが必要となりますので、お店でご相談ください。

 

 

後からガラスコーティングをしても見た目は良くなる?

ガラスコーティングを施すことで塗装の劣化が抑えられ、傷も付きにくくなります。

そのため、ある程度乗った自転車にガラスコーティングを施しても十分な効果が得られないと思われがちです。

しかし、ガラスコーティングを施すことで塗装が多少劣化してしまっている場合でもツヤと輝きを取り戻させることができますし、少々の傷ならコーティングの働きで見えにくくすることができますので、ガラスコーティングをせずに乗っている自転車でも十分な効果が期待できます。

 

もちろん、ずっと新車のような美しさを保ちたいなら購入時にガラスコーティングをしておいた方が良いので、ガラスコーティングに興味のある方で新車を購入される予定のある方は購入時にコーティングを依頼しておいた方が良いでしょう。

サイクルワークスオオタキなら、新車購入時に施工を依頼すれば後から依頼する場合より料金が大分安くなるのでおすすめです。

 

 

日常のメンテナンスの負担を減らしたい方は今からで遅くない

今までワックスなどでお手入れをしていて、どうしてもメンテナンスの時間が負担に感じているという方は、ガラスコーティングを施してみてはいかがでしょうか?

ガラスコーティングをしておけば、走行後に水洗いして駆動部分にオイルを挿すだけできれいになりますし、油汚れなども簡単に落とせるようになるので洗車の手間も少なくなります。

 

長距離のライドの後に時間をかけて自転車をメンテナンスするのは大変です。

ガラスコーティングを施して、疲れていても簡単にロードバイクのメンテナンスができるようにしましょう。

 

サイクルワークスオオタキのガラスコーティングについてはこちらからどうぞ!

 

 

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>