圧入式BBなのにシマノのホローテックⅡ用工具で簡単に取り付けられる「WISHBONE」のBBですが、実際に購入したい場合には何処で探せば良いのでしょうか?

WISHBONEのBBを探す際に気をつけることと、取り付けの際に気をつけることについてご紹介します。

 

 

WISHBONEのBBを購入するときに気をつけることは?

懐かしのスクエアテーパーBB

 

ロードバイクのBBを交換する際にまず注意しなければいけないことは、BBの規格です。

ボトムブラケットの規格は、一般的に市販されている完成車でも10種類近く存在し、場合によってはメーカー独自の企画が使われている場合もあります。

特に圧入式BBと旧来のねじ込み式BBの場合はフレームの形状そのものが違うので、気をつけなければいけません。

 

圧入式BBが元々取り付けられている場合は同じ企画の製品を選んで取り付ければ問題はありませんが、元がネジ切り式だった場合にはちょっと面倒なことになります。

というのも、ネジ切り式BBを使う前提で設計されているフレームの場合、フレームにネジが切られているため、圧入式BBを取り付けることができません。

この場合は、残念ですが従来型のネジ込み式のBBをお使いください。

 

WISHBONEでは、圧入式BBのそれぞれの規格に合わせた製品をラインナップしているため、元が圧入式BBだった場合はほぼWISHBONEのBBが取り付けられます。

ただ、圧入式でも規格によって長さや太さ、使用できるクランクには違いがありますので、できれば製品を扱っているお店で相談した方が良いでしょう。

 

 

BBが変わるとクランクも変わる?

シマノのコンポーネントなど、大抵のクランクでは、クランクシャフトをBBに差し込んで取り付ける方式が用いられています。

そのため、同じように差し込んで取り付ける方式のクランクなら、どんな規格のBBでも使用できると思われがちです。

 

実際は規格によってBBの内径や横幅に違いがあるため、規格違いのクランクを使用すると、そもそも取り付けられなかったり、取り付けられても正常に固定できなかったりといった問題が出てきてしまいます。

一部の規格ではBBそのもののサイズが違っても、使用できるクランクに互換性がある場合や、アダプタを取り付けることで規格が違うクランクでも使用することができることがありますので、クランクを交換する前に使い回せるかどうか確認しておくと良いでしょう。

 

 

WISHBONEのBBは何が凄い?

そもそもの話ですが、WISHBONEのBBは何が優れているのでしょうか?

圧入式BBなのにシマノのホローテックⅡ用工具で簡単に取り付けられることもメリットではありますが、それだけでは高い金額を払って交換するメリットはありません。

 

取り付けの簡単さを除いて性能面だけを純粋に見た場合、WISHBONEのBBは回転の軽さと本体の剛性に特徴があります。

WISHBONEのBBに用いられているベアリングは、ハイグレードのセラミックベアリングです。

グレードはG5相当となっており、通常用いられているベアリングとほぼ同じ精度の回転力が期待できるでしょう。

 

ベアリングによる回転抵抗の違いは、基本的に使用されているベアリング球の精度が大きく影響するため、セラミックベアリングを使っているだけで回転が軽くなるというわけではありません。

WISHBONEのBBは全てG5相当のセラミックベアリングが使用されていますので、ベアリング球の精度によって回転が悪くなることは無いと言えます。

 

と、ここまで見てみると、一般的に用いられている鋼のベアリングとセラミックのベアリングでは実際の回転の軽さには大きな違いが無いように思われるかも知れません。

実際のところ、同じグレードのセラミックベアリングと鋼のベアリングを比較した場合、転がりやすさについてはほぼ一緒だったりします。

ですが、セラミックベアリングと鋼鉄製のベアリングのものを乗り比べてみるとクランクの回しやすさには歴然とした違いを感じるのです。

 

これは、セラミックベアリングの特性が影響しています。

鋼鉄製のベアリングの場合、体重などをかけると僅かに変形してしまい、抵抗が発生するのですが、硬度が高いセラミックベアリングの場合、この変形が抑えられるため、抵抗が発生しにくく、回転への影響が抑えられます。

また、鋼鉄製のベアリングに比べてセラミックベアリングは削れにくいため、グリスの量が少なくでき、グリスによる抵抗も抑えられるのです。

 

 

WISHBONEは本体部分の剛性と精度も抜群!

ベアリング以外の部分についても、本体には6061のアルミ合金に熱処理を施したものをCNCで削り出したものが使われており、高い剛性と精度を実現しています。

BBはベアリングの回転ばかり考えられがちですが、本体の精度や剛性も回転に大きく影響するため、できるだけ硬い材質を用いて高い精度で作られたものの方が同じベアリングを使っていても回転が軽くなるのです。

 

WISHBONEのBBは全て6061のアルミ合金が使われており、CNC加工によって高い精度を実現しています。

6061のアルミ合金というと、比較的安価なクロスバイクなどに用いられている金属のため、あまり性能は高くないと思われがちですが、実は一般的に超々ジュラルミンと呼ばれる7000系アルミ合金に比べて硬さは劣るかわりに、柔軟性が高く、耐久力が高い金属なのです。

BBは常に大きな力が加わる部品ですので、硬さも大切ですが耐久性も重要なポイントとなります。

 

6061をCNCで加工したWISHBONEのBBは、精度と剛性、耐久力を高いレベルで兼ね備えた理想的なBBと言えるでしょう。

 

 

WISHBONEのBBは店頭で購入しよう

 

ロードバイク用のBBは年式やメーカーによって使われている規格が変わるため、場合によっては折角購入しても取り付けができないどころかフレームを壊してしまう可能性があります。

このようなトラブルを未然に防ぐには、WISHBONEを取り扱っているお店で実際にどの規格のBBを使えば良いのか調べて貰うといいでしょう。

サイクルワークスオオタキでは、店頭にてWISHBONEのBBを取り扱っています。

埼玉県でWISHBONEのBBをお探しの方は、是非当店までお問い合わせください。

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>