ロードバイクのフレームには、カーボンやアルミ、鉄がよく使われています。

特に完成車を見てみると、最近はカーボンフレームが人気で、アルミフレームは入門者向けの安価なものばかりです。

確かにアルミフレームの完成車は価格が安く、頑丈で壊れにくいので、初めてロードバイクを買われるという方におすすめなのですが、実は走行性能などを考えると、アルミフレームを選んだ方が良い場合もあったりします。

 

というわけで、今回は初心者から上級者まで満遍なく楽しめるアルミフレーム、スペシャライズドの「Allez」についてご紹介します。

目次

 

「Allez」ってどんな自転車なの?

Allezは、スペシャライズドが販売しているアルミフレームのブランド。

初心者向けで10万円前後で購入できる「Sport」から、上級者でも十分に楽しめる高性能モデル「Elite」まで5種類がラインナップされており、子供向けに650cのタイヤを用いたやや小さなサイズの「Jr」も用意されています。

アルミフレームの完成車の場合、コンポーネントや使用されているパーツの違いによって価格が違うことが多いのですが、Allezの場合はモデルによってある程度フレームの形状や構造に違いがあり、乗り心地や特性も違ったものになっていることが特徴です。

 

モデルによってスプリント向けのものやヒルクライム向けのもの、ロングライド向けのものなどがありますので、用途に合わせて選べるのもAllezの魅力と言えます。

 

 

「Allez」にはどんなモデルがある?

それでは、現在ラインナップされているアレーの各モデルについて見てみましょう。

今回は試乗経験のある「Sport」と「Elite」、「DSW」の3種類をご紹介します。

 

初心者向けに素直な性能に調整された「Sport」

まず最初にご紹介するのは、手軽に購入できる入門向けモデル「Sport」です。

価格は約10万円、コンポーネントにはシマノのSORAを使用。

 

こちらのモデルの特徴は、なんといっても初心者には嬉しいワイドなギヤ比です。

フロントには50×34tのコンパクトクランク、リアのスプロケットには11-32tが採用されているので、脚力に不安がある初心者の方でも比較的楽に登りをこなすことができるでしょう。

というか、ここまで大きなギヤを積んでいるロードバイクはあまり見かけないので、体力に自信の無い初心者の方に是非使って頂きたいバイクです。

 

ちなみに、乗ってみた感じでは良くも悪くも普通のアルミフレームといった感触。

踏めば踏んだだけ軽く前に進みますし、乗り心地はやや堅め、多少ホイールとブレーキのグレードが低めなので、気になるようなら同じシマノの安価なパーツに交換してしまっても良いでしょう。

 

 

登りを重視したいという方におすすめの「Elite」

 

「Elite」はAllezの最上位モデルになります。

コンポーネントにはシマノの105が搭載されており、ギヤはSportと同じくフロントが50×34のコンパクトクランク、リアが11-32tのワイドです。

フロントフォークがフルカーボンになっており、路面から手に伝わる衝撃はアルミフレームとは思えないほどマイルド。

ハンドリングも軽快で安定感があるので、下りでも安心して走れるでしょう。

 

乗ってみた感想は、とにかくアルミの良いところを伸ばして悪いところを抑えたバイクという感じでした。

アルミフレームならではの軽快な加速と巡航力が楽しめますし、高性能なカーボンフォークとフレームの設計が上手く作用しているのか、硬さはあまり感じません。

個人的な意見ですが、20万円ぐらいのカーボンフレームを使った完成車を買うならこっちを選んだ方が楽しめるかもと思いました。

流石に、カーボンフレームに比べると乗り心地そのものは多少劣るので、乗り心地をとるか走行性能をとるかは好みで選ぶと良いでしょう。

 

価格は約16万円、コンポーネントに105が使われており、S-WORKSで使われていたカーボンフォークが搭載されていることを考えると、相当お買い得です。

 

 

平坦をかっ飛ばしたいという方におすすめの「DSW SL Sprint Comp」

最後にご紹介するのは、スプリントや平坦路向けの「DSW SL Sprint Comp」です。

シートポストからフレームまで全てエアロ形状で設計されているのが特徴で、平坦での巡航やレースでのスプリントを得意としています。

コンポーネントにはシマノの105を使用、ギヤはフロントがノーマルの52×36、リアはややワイド気味の11-28t。

少しギヤ比的には登りが大変かも知れませんが、剛性の高いフレームですので、ヒルクライムでも意外にスイスイと登ってくれます。

 

乗ってみた感想はなんというか見たままの性能でした。

剛性が高いので踏んだら踏んだだけ前に出ますし、乗り心地はかなり堅めです。

元々硬いアルミフレームが好きで慣れているので、個人的にはそこまで気にはなりませんでしたが、柔らかめのフレームに乗っている方だと少し辛いかも知れません。

反応がよく、最高速も伸びるので、クリテリウムレースで勝負できるバイクが欲しいという方におすすめです。

これだけの平坦性能を持ったバイクなのに15万円前後で購入できてしまうので、レース用のセカンドバイクとして持っておくのもありかも知れませんね。

 

 

10万円台とは思えない高性能バイク

アレーシリーズは、安価なグレードなら10万円前後、トップグレードでも10万円台半ばと、ロードバイクとしては比較的お手頃なモデルです。

価格だけ見ると初心者から中級者向けぐらいに思えてしまいますが、実際に乗ってみると下手なカーボンフレームよりよく走るため、上級者でも十分楽しめる性能に仕上がっています。

EliteかDSWあたりを購入してパーツをちょっと組み替えればレースで勝負できる性能になるので、これからレースにチャレンジしたいという方や、コースに特化したバイクを用意したいという方にもおすすめです。

もちろん、初心者の方でも操作性の良さや加速のキレの良さといったロードバイクの良さを十二分に楽しめます。

 

今までアルミフレームに乗ったことが無いという方、初めてロードバイクを購入するけどどれを買えば良いのかわからないという方は、スペシャライズドのアレーを試してみてはいかがでしょうか?

 

当店ではAllezの試乗も可能ですので、気になっている方はぜひ当店まで足を運んでいただけると幸いです。

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>