新城選手も使用しているMERIDAの2018年モデル、リアクト8000は、前年モデルに比べて約340gの軽量化と、UCIの新しい規定に合わせたフレーム形状の見直しが行われています。

新しいリアクト8000の特徴と、細かい性能についてご紹介していきます。

 

新しいリアクト8000は何が変わった?

 

2018年モデルのリアクト8000では、まずシートチューブやシートポストの見直しが大きな変化点となります。

まず、シートチューブ形状については、タイヤとのクリアランスが見直され、よりスリムな形状にすることで空気抵抗を削減。

シートポストはオリジナルのものが用意されており、こちらはサドルクランプ部分に振動吸収素材を搭載することで体に伝わる振動を抑えています。

 

ブレーキについてはキャリパーブレーキモデルのみとなっており、ブレーキキャリパーがBB下部に設置されているのが特徴です。

BB下部にキャリパーを設置することで、走行時の空気抵抗がより少なくなり、より高速域での負担が軽減されるでしょう。

 

ステムとハンドルについても、完成車には一体型モデルの「ヴィジョン・メトロン」が採用されており、空気抵抗をより軽減。

もちろん、ステムには通常の製品も使用することができるので、使い慣れた製品を搭載することも可能となっています。

 

 

リアクト8000のコンポーネント

リアクト8000は、完成車モデルとフレームセットのみの2種類がリリースされる予定となっています。

フレームセットの価格は約32万円、完成車は約75万円となっており、完成車にはShimano アルテグラDi2が搭載。

ホイールもカーボンのディープリムタイプのものが付属するので、手持ちのパーツに合わせて完成車を購入するか、フレームを購入して組み替えるかを選べます。

 

ただ、完成車モデルでは、クランクなどにシマノ互換品が使われていることがありますが、リアクト8000はクランクやブレーキ部分までシマノのパーツが使用されているため、お手持ちのパーツがDURA-ACEやアルテグラの現行モデルでは無い場合は完成車の方がおすすめです。

今まで電動コンポーネントを使用したことが無いという方は、この機会に電動コンポーネントに変更してみてはいかがでしょうか?

 

 

リアクト8000はどんなユーザー向け?

空気抵抗の低減や車体重量の軽さがリアクト8000の特徴ですので、ヒルクライムや平坦などのレース向けのマシンとなります。

ただ、オリジナルシートポストによる振動の軽減や、ホイールやフレームの形状に由来する高い直進安定性により、ロングライドでも体への負担が抑えられるため、レース以外の用途にも十分対応できるでしょう。

 

試乗した印象としては、加速が良く、どんどん踏み込んでもほとんど車体がぶれませんし、下りの高速コーナーでも安心してコントロールできるので、乗っていてほとんどストレスを感じませんでした。

また、平坦の加速はもちろん、登りでも軽々とスピードが上がるので、勝負所のアタックがかけやすいと感じました。

 

色々なロードバイクを試乗してきましたが、リアクト8000の扱いやすさと乗った時の気持ちよさはなかなか無いレベルです。

価格としてはトップモデルほどでは無いにせよ、高い部類のロードバイクになりますが、上級者モデルに乗り換えたいという方や、もっと乗りやすいロードバイクが欲しいという方はリアクト8000を選んでみてはいかがでしょうか?

 

他社のトップモデル並みの性能がこの価格で購入できるので、コストパフォーマンスが気になるという方にはぴったりの製品だと思います。

 

当店では、現在MERIDAの2018年モデルの予約を受け付けております。

新製品に関するお問い合わせ、ご予約については店頭または電話にてお気軽にお問い合わせください。

 

 

〒361-0044
埼玉県行田市 門井町2丁目2−4
TEL:048-577-5377