できるだけ安価にバーレーンメリダのレプリカバイクが欲しい、乗り心地より走行性能とコストパフォーマンスを重視したい。

そんなライダーにお勧めなのがこちらのリアクト400。

初心者から中級者、上級車まで幅広く楽しめるコストパフォーマンスの良いロードバイクです。

 

 

リアクト400の特徴について

リアクト400は、他のリアクトシリーズと違い、アルミフレームを採用したモデルです。

アルミフレームというと剛性が高いので乗り心地が悪い、カーボンフレームに比べると重いなどの悪いイメージがありますが、きちんと作られた製品なら、レース向けのカーボンフレームに近い乗り心地になりますし、重量に関しても問題無いレベルまで軽量化がすることができます。

また、アルミフレームは低価格モデルでも高級カーボンフレーム並みの反応の良さが味わえるため、ロードバイクの楽しさの1つである加速の良さを楽しみたいという方にとっては十分な選択肢になり得るでしょう。

 

こちらのリアクト400は、アルミフレームの加速の良さ、反応の良さをさらに活かすため、フレームの形状がエアロ化されています。

そのため、加速から高速巡航まで流れるようにスピードを乗せることが可能になっており、長距離を高速で気持ちよく走りたいという方におすすめです。

 

また、コンポーネントにはシマノの105が搭載されており、機械的な性能も十分。

気になる路面からの振動については、カーボン製フロントフォークが吸収してくれるため、それほど気にはならないでしょう。

もし完成車を購入し、路面からの振動が気になるという場合には、タイヤを柔らかいものに交換したり、バーテープを厚めのものに交換すれば十分対応できます。

 

ホイールはMERIDAのオリジナルホイールが搭載されていますが、カンパニョーロホイールのようなスポーク配置となっているのが特徴。

この手のスポーク配置は、通常のスポーク配置に比べ、空力がよく、振動吸収性も比較的良好になることが多いので、完成車のまま使用してもあまり不満は感じないでしょう。

 

完成車価格は定価で159,900円、メカ部分の充実ぶりを見ると、コストパフォーマンスも良好といえます。

安価で走りが楽しく、これぞロードバイクというキレの良さを味わいたいという方は、こちらのリアクト400を選んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、初めてロードバイクを購入されるという方にも是非選んで頂きたい製品です。

 

リアクト400のデザインについて

リアクト400には、バーレーンメリダレプリカカラーと、シルバー系を基調としたカラーの2種類のモデルが用意されています。

シルバーモデルも十分カッコいいのですが、新城選手と同じカラーリングのレプリカモデルもおすすめです。

 

フレーム形状についても、アルミフレームにも関わらずシートチューブ形状がエアロ形状となっていますし、ダウンチューブも一昔前のサーベロのような太くて薄い形状となっています。

アルミフレームといえば、カーボンフレームに比べてチューブの太さや形状にこだわっていないというイメージがありますが、こちらのモデルはカーボンフレーム並みに細かい部分にまで手が加えられており、見た目の良さは入門向けバイクとは思えません。

 

安価でかっこよく、頑丈で振り回せるロードバイクが欲しいという方は、是非このリアクト400を試してみると良いでしょう。

 

当店では、現在MERIDAの2018年モデルの予約を受け付けております。

新製品に関するお問い合わせ、ご予約については店頭または電話にてお気軽にお問い合わせください。

 

〒369-0111
埼玉県鴻巣市新新宿1-18-2
TEL:048-577-537