前回のレビューでは軽量化に重点を置いたウルトラライトをご紹介しました。

今回は、ターマックのオールラウンドモデル、「ターマック MEN Di2」をご紹介します。

 

ターマック MEN Di2の特徴は?

2018年モデルのターマックMENは、旧バージョンに比べてフレームの形状そのものが大きく変更されています。

特に、フレーム形状で目を引くのがフロントフォークやシート回りの形状。

旧モデルより空力に配慮した構造に設計が変更されており、流れるようなイメージだった旧モデルと違い、ソリッドな印象へと変化しています。

 

また、フレームに使用されているカーボン繊維が新しいバージョンにグレードアップした他、カーボン繊維の配置を見直すことでよりバランスの良い乗り心地が実現しているのも特徴です。

ウルトラライトの記事でも触れましたが、フレームの上部のしなりが向上しているので乗り心地が良くなっているにも関わらず、ダウンチューブやチェーンステーが硬く作られているため、ペダルにかけた力が逃げているような感覚がありません。

 

その他に目を引く点としては、ブレーキキャリパーがダイレクトマウントされていることがあげられます。

一般的なロードバイクのブレーキは、1本のネジでフレームに固定されることが多いのですが、こちらはフロントフォークやシートステーに直接取り付ける方式となっているため、さらに空力面が強化されているのです。

 

ターマックMEN Di2の搭載パーツについて

ターマックMEN Di2のコンポーネントは、Shimano DURA-ACE R9150となっていますが、クランクについてはスペシャライズドのカーボンクランクが使用されています。

また、ホイール、ハンドル、シートポストについてもカーボンパーツが用いられているため、完成車で購入しても十分な性能を発揮することができるでしょう。

 

ギヤ比については、フロントが52/36のノーマル、リアは11-30のワイドとなっており、平坦から登りまで幅広く対応することができます。

完成車を購入するだけで平坦レースからアップダウンのあるレース、ヒルクライムと色々なタイプのレースに対応することができるので、1台で複数のシチュエーションに対応したいという方におすすめです。

 

 

ターマックMEN Di2の価格

ターマックMEN Di2の完成車価格は、定価が約108万円、フレームセットが約48万円です。

プロ選手がレースで使用するカテゴリのマシンのため、値段は少々高くつきますが、プロ選手とほぼ同じロードバイクに乗ることができるというのは大きなメリットです。

 

完成車で購入するのが難しい場合は、フレームセットを購入して手持ちのバイクのパーツを移植すればコストを抑えることができます。

ただ、完成車は各部にスペシャライズドのオリジナルカーボンパーツが用いられているため、パーツ類の価格を簡単に計算してみると、意外とコストパフォーマンスは高めです。

サドルやクランク、ハンドルは好みが結構別れる部分ですが、完成車に組み付けられているこれらのパーツが自分に合うようなら、完成車を購入した方が良いかもしれません。

 

自転車一台に100万円となるとちょっとビックリする値段ではありますが、ターマックMEN Di2は価格に見合った性能となっているロードバイクです。

各グレードのレースで表彰台を狙いたいという方、あと一歩で勝てなくて悩んでいるという方は、こちらのバイクを試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

スペシャライズドのロードバイク、フレーム、パーツ類の在庫や予約については、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>