友人から誘われたり、運動不足の解消を目的としてロードバイクを始めてみたいけど、ロードバイクは高いから前もって色々知っておきたい。

そんな方のために、ロードバイクの楽しみ方や特徴、ロードバイクの選び方をご紹介します。

 

 

目次

ロードバイクの魅力ってなに?

ロードバイクはクロスバイクやマウンテンバイクと違ってどんな点が魅力なのでしょうか?

他の自転車にはないロードバイクならではの魅力をご紹介します。

 

 

日常で体感できないスピードが味わえる!

ロードバイク最大の魅力、それはスピード感です。

一般的なママチャリなら頑張っても20km/h~25km/h、マウンテンバイクやクロスバイクでも脚力次第ですが30km/h前後がやっとですが、ロードバイクなら少し鍛えるだけで簡単に平坦路なら30km/hを維持し続けることができます。

高性能なホイールとタイヤに交換すればもっと楽に速度を維持できるようになり、脚力と体力がある方なら35km/h~40km/hを維持することも不可能ではありません。

 

 

普段味わえない達成感がある!

ロードバイクは軽量でスピードが出しやすい、つまり「軽い力で前に進む」自転車ですので、短時間で長い距離を走ったり、山などを登ったりするのも得意です。

そのため、片道が50kmあるような観光地までロードバイクで走ったり、海沿いなどの見晴らしの良い道をのんびり走ったり、箱根駅伝で有名な芦ノ湖まで自転車で登ったりといったこともできます。

 

また、ロードバイクに限らず、自転車で長距離を走るイベントや、サーキットを貸し切って走るイベント、山を登るイベントなど、自転車関連のイベントはとても豊富。

少し遠出すれば、ほぼ毎月何らかのイベントに参加できるのもロードバイクの魅力といえます。

 

同じ趣味の仲間とのツーリングが楽しい!

ロードバイクを楽しむ方は近年どんどん増加しており、仲間内でロングライドを楽しまれているという方も増えています。

バイクショップなどでは購入者向けに走行会を開催していることが多いですし、休憩中にロードバイクに乗っている方に声をかけられて一緒に走るなんてこともよくあります。

ベテランのロードバイク乗りと仲良くなれば、走りやすい道を教えてもらえたり、自転車でも入りやすい食事処を教えてもらえたりなんてことも。

 

 

ロードバイクの特徴ってなんだろう?

ママチャリと比べるとタイヤが細い!

ロードバイクを見て1番最初に感じるのはタイヤの細さだと思います。

ロードバイクは市販されている自転車の中でトップクラスにタイヤが細く、タイヤ幅は約2cm~3cm。

 

そのため、安定性が心配だという方も多いのですが、実のところ舗装路を走る分には全く問題ありません。

むしろ路面抵抗が少ない分、ハンドルを操作しやすくなるので、慣れてくると路上の落下物やギャップなども簡単に回避できるようになります。

 

 

フレームがとても軽い!

はじめてロードバイクに触れる方が1番驚かれるのがロードバイクの軽さです。

一般的なママチャリが約20kg、クロスバイクやマウンテンバイクが約10kgですが、ロードバイクは入門向けでも8kg前後、軽いものなら6kg台というものもあります。

 

ロードバイクのような高級自転車の場合、盗難や雨風による傷みを予防するために室内に保管することも多いのですが、ロードバイクぐらい軽いと女性でも簡単に担ぎ上げることができ、ロードバイクを保管するバイクラックに乗せることができます。

 

また、もし2階建てアパートなどにお住まいで、ロードバイクを部屋まで持ち上げられるかどうか不安という方は、水などのペットボトルをリュックなどに詰めて試してみると良いでしょう。

これができれば、ロードバイクを担いで階段を上っていくこともできますので!

 

ドロップハンドルがカッコいい!

ロードバイクといえば欠かせないのがドロップハンドルです。

ドロップハンドルは、ハンドルの上部、ハンドル下部、そしてブレーキレバー周辺とハンドルの何処でも握ることができ、走る場所や走り方によって持つ場所を変え、ポジションを自由に調整できるという便利なハンドル。

 

こちらも慣れるまではちょっとポジションが前傾になりますし、ハンドルの下を持つとさらに前屈みになるので、最初は怖いかもしれません。

ですが、慣れてくると下ハンドルを持ったときの空気抵抗の少なさや、上ハンドルを持ったときのポジションの快適さなど、ドロップハンドル特有の良さを楽しむことができます。

 

 

 

初心者におすすめのロードバイクの選び方!

ここからは、ロードバイク初心者の方へ

ロードバイクの選び方や実際におすすめのロードバイクをいくつか紹介していきます!

 

ロードバイクを買う前にコンポーネントを知っておこう!

ロードバイクを購入する際には、まずコンポーネントについて知っておく必要があります。

コンポーネントとは、チェーンやギヤ、ブレーキなど、自転車には欠かせない操作、駆動系パーツのこと。

日本では釣り道具でも有名なシマノがほぼ全てのシェアを持っており、頑丈で扱いやすいコンポーネントはロードバイク乗りの間でも人気です。

そこで、今回はシマノの代表的なコンポーネントについてご紹介します。

 

クラリス

クラリスは、シマノの入門向けグレードにあたるコンポーネントです。

ギヤ数はリヤが8段のフロント2段の計16段変速、もっとギヤを増やしたいという方向けに、フロントが3段変速になっているタイプも用意されています。

安価な入門向けのコンポーネントですが、ロードバイクに必要な性能はある程度揃っているので、まずはこのコンポーネントを搭載しているロードバイクで練習するというのも良いでしょう。

 

 

ソラ

ソラはクラリスが発売されるまでシマノの入門向けだった製品です。

フロントのギヤ構成はクラリスと同じ2段もしくは3段ですが、リヤが9段変速となっており、より細かくギヤ比を調整することができます。

クラリスとの使い分けについては、ギヤ段数が1番大きな違いになりますので、好みで選ぶと良いでしょう。

 

 

ティアグラ

ティアグラは入門向けから中級向けのグレードになります。

ギヤはフロントが2と3段、リヤは10段変速となり、より多くのギヤを使えるのが特徴。

STIという変速機とブレーキレバーが一体となった部品があるのですが、ティアグラはSORAやクラリスよりレバーが太めで安心感があり、ブレーキもかけやすいので、高速で走りたいという方はこのグレードを選ぶと良いでしょう。

 

 

105

105は中級者向けのグレードとなります。

フロントギヤは2段のみとなっていますが、リヤは11段に増加。

STIもより頑丈で握りやすく作られており、操作性も十分なものとなっています。

また、このグレードからクランクの軸部分やクランクを中空で成型するホローテックという技術が導入されており、クランクが軽く頑丈になっているのも特徴です。

レースなどに出ている、これから出ることを考えているという方は、大体このあたりのグレードを使っている場合が多いようです。

 

 

アルテグラ

アルテグラは中級から上級者向けのコンポーネントです。

ギヤ比は105と同じ構成ですが、それぞれのパーツは細かな部分までこだわって作られており、ペダリングの軽さやギヤ変速の操作の安定性、ブレーキの操作性が向上しています。

また、コンポーネントの重量も軽量化されているため、ヒルクライムで重要なバイクの重さを抑えることができるのも特徴です。

 

 

デュラエース

デュラエースはシマノの最上位モデルです。

プロのレーサーや実業団で走っているという方が使っているモデルで、高精度なベアリングによる回転の軽さや、カーボンを利用した軽量化、そして各部品の頑丈さが特徴となっています。

高性能で操作にストレスを感じにくいという特徴もありますが、価格が最も高くなるため、初心者の方が購入するのは少しハードルが高いかも知れません。

 

 

 

コンポーネントのおすすめのグレード

初心者の方がロードバイクを買われる場合、

まずは105かティアグラがおすすめです。

 

この2種類のコンポーネントは下位のグレードに比べてギヤ数が多いため、平坦も登りもこなしやすくなりますし、部品自体の剛性も十分確保されているため、操作性も十分なレベルとなっており、コストパフォーマンスに優れています。

実際にアマチュアレースの会場などでも、この2種類のコンポーネントを使っているという方が多いので、まずはこのコンポーネントを搭載したロードバイクを手に入れておけば、先々コンポーネントの性能で困ることは無いでしょう。

 

 

 

ロードバイクはフレームの素材に違いがある!

ロードバイクでコンポーネントの次に重要なポイントといえば、フレームです。

フレームは材質や構造によってペダルを踏んだ際の挙動や路面からの振動の伝わり方が大きく変わるため、ロードバイクそのものの性格に大きく影響を及ぼす部品となります。

 

現在日本国内で販売されているフレームは、鉄をベースとしたクロモリフレーム、アルミ合金製フレーム、そしてカーボンで成型されたフレームです。

 

 

クロモリフレーム

鉄を使って製造されているクロモリフレームの特徴は、なんといってもフレームのしなやかさ。

力を加えた際に感じるバネのようなしなりは他のフレームには無い特徴です。

 

また、クロモリフレームはお手入れをしていれば経年劣化しにくいという特徴もあり、長い間乗り続けたいという方にもおすすめ。

ただ、どうしても他の素材に比べて重量があるため、完成車はやや重めになります。

 

アルミフレーム

アルミフレームはクロモリと同じく金属系フレームですが、クロモリより硬い乗り心地と、重量の軽さが特徴です。

素材自体が硬いため、乗り心地は硬いのですが、その分力が伝わりやすいため、加速の良さと高速巡航性の良さを楽しむことができます。

アルミフレームは、ある意味ロードバイクの醍醐味を1番味わいやすいフレームとも言えるでしょう。

 

カーボンフレーム

カーボンフレームはカーボンの繊維を樹脂で固めて成型したフレームです。

カーボン繊維の種類や組み方で特性が大きく変わり、クロモリのようにしなるフレームからアルミのように剛性が高いものまでさまざまな乗り味の製品があります。

また、カーボンフレームは他の素材に比べて段違いに軽いため、ヒルクライムや階段などを担ぎ上げる際にも便利です。

 

 

いくらくらいのロードバイクを買えばいいの?

はじめてロードバイクを購入する際には、どのぐらいの価格のものを選べば良いのでしょうか?

ロードバイクは使用されているコンポーネントやフレームの材質などによって価格が大きく変わり、安価なものなら10万円を切るものもありますし、高級なものなら150万円を超えるようなものもあります。

 

流石に高級なものはプロが実際のレースで使っているモデルなので、フレームが硬く、初心者が乗ると体が疲れてしまうのであまりおすすめはできません。

とは言え、安すぎるものとなるとホイールやフレームが重く、ロードバイクの良さを味わえない可能性もあります。

 

そこでおすすめなのが10万円台半ばから20万円台半ばぐらいの中級者向けグレードです。

この価格帯ならカーボンフレームを使った入門向け製品がありますし、安価なアルミフレームなら高性能なコンポーネントを搭載しているものを選ぶことができます。

メーカーもこの価格帯のカーボンフレームは比較的乗りやすいよう柔らかめに作っていることが多いため、ロードバイクに慣れていない初心者の方でも安心してロングライドを楽しむことができるでしょう。

 

 

おすすめのロードバイクのメーカーは?

ロードバイクはさまざまなメーカーが販売していますが、ロードバイクをはじめて買うときには、どのメーカーのものを選べば良いのでしょうか?

個人的なおすすめになりますが、初心者向けにコストパフォーマンスの良い2社をご紹介します。

 

 

メリダ

メリダは台湾の自転車メーカーで、プロのサイクルロードレースチームにも機材を提供しており、日本人選手の新城幸也選手が所属しているバーレーンメリダにロードバイクを提供しています。

メリダの製品はコストパフォーマンスの良さが特徴で、性能と価格のバランスが良く、安価に高性能なロードバイクを手に入れたいという方におすすめです。

 

スペシャライズド

スペシャライズドは現在世界でもトップクラスの売上を誇る自転車メーカーです。

メリダと同じくプロチームに機材を提供しており、さまざまなレースで好成績をあげています。

日本国内での人気も高く、ロードバイク乗りが集まるスポットで半分がスペシャライズドに乗っていたなんてことも。

やや価格は高めですが、人気通り品質が良く、乗りやすいロードバイクが多いので、初心者の方にもおすすめです。

 

 

価格ごとにおすすめのロードバイクを紹介!

 

10万円台で買えるおすすめのロードバイク

10万円台で購入できるロードバイクといえば、メリダならスクルトゥーラ400、スペシャライズドならアレースポーツがおすすめです。

どちらもアルミフレームになりますが、コンポーネントはティアグラと105が搭載されており、コストパフォーマンスの良い製品となっています。

また、メリダではメリダ スクルトゥーラ410という小柄なライダー向けのモデルも販売しており、小柄なライダーでも無理の無いポジションを取ることができるので、おすすめです。

 

 

15万円台で買えるおすすめのロードバイク

15万円台もアルミフレームを用いたバイクが多いのですが、コンポーネントに105のみを使ったモデルが多くなります。

メリダリアクト400はアルミフレームのロードバイクになりますが、コンポーネントはシマノの105が搭載されており、パーツ構成の良さが特徴の製品。

アルミフレームなので加速が楽しめ、フレームデザインもバーレーンメリダレプリカが用意されているため、見た目にもこだわれます。

メリダ スクルトゥーラ700もリアクト400と同じく105を搭載したモデル、よりオールラウンドに使えるフレーム設計となっているため、登りもロングライドもこなしたいという方におすすめです。

スペシャライズドのアレーエリートは軽量アルミフレームが特徴の製品。

軽くてよく走るロードバイクとしてアルミフレーム好きに人気のモデルです。

コンポーネントは105が搭載されているため、レースから街乗りまで幅広く使えるオールマイティなバイクとなっています。

 

 

20万円台で買えるおすすめのロードバイク

20万円台になるとカーボンフレームを用いた製品が多くなり、メリダならスクルトゥーラ 4000やスクルトゥーラ5000が、スペシャライズドではターマックスポーツがおすすめです。

 

スクルトゥーラ4000と5000は同じカーボンフレームを用いたモデルで、搭載されているコンポーネントが違う製品です。

スクルトゥーラ4000にはシマノの105が、スクルトゥーラ5000は上位モデルであるアルテグラが搭載されています。

操作性を少しでも向上し、軽量化もしたいという方はスクルトゥーラ5000を、コスパ重視ならスクルトゥーラ4000を選ぶと良いでしょう。

 

ターマックスポーツはスペシャライズドの入門向けレースバイクになります。

こちらもカーボンフレームにシマノの105コンポーネント搭載、バランスの良い設計となっており、平坦から登りまで幅広いシチュエーションで活用できるロードバイクです。

 

 

25万円代で買えるおすすめのロードバイク

レースで戦えるロードバイクが欲しい、そんな方におすすめなのがこのグレードになります。

 

メリダのリアクト5000はフレームの空力にこだわって設計されたエアロロードというカテゴリの製品で、高速走行時にフレームがうける空気の影響を低減することで力を使わずに高速で巡航できる製品です。

コンポーネントには主にシマノの105が使われており、メンテナンス性も操作性も十分。

 

本格的にレースで勝負したいという方はこの製品を選ぶと良いでしょう。

ターマックエリートはターマックシリーズの上位モデルと同じフレームに105コンポーネントを搭載したコストパフォーマンスの良いモデルです。

軽量で剛性の高いフレームが特徴で、コントロール性も良く、高速コーナーでの安定性が心強いバイク。

クランクまわりの剛性も高めに作られているため、加速が良いのも特徴となっています。

 

 

ロードバイクに乗る前に揃えておきたいアイテム

これからロードバイクに乗るにあたり、バイク本体の他にはどのようなアイテムが必要なのでしょうか?

 

 

ヘルメット

まず最も重要なのがこちらのヘルメットになります。

ロードバイクは自転車の中でも特に速度が出やすく、簡単に30km/hまで加速してしまうため、転倒時の対策はほぼ必須。

自転車用ヘルメットがあれば、転倒した際に頭部が保護され、最悪の事態を防ぐことができるでしょう。

 

色々なメーカーからさまざまな形状の製品が販売されていますが、まずは自分の頭にフィットするものを選ぶのが重要です。

ロードバイクは長時間乗ることが多いため、合わないヘルメットだと頭痛などのトラブルの原因となり、快適にロードバイクを楽しむことができません。

サイクルショップなどではヘルメットを試着することができるため、購入前に自分に合うかどうか試しておきましょう。

 

 

グローブ

グローブも怪我を予防するために重要なアイテムです。

転倒時に手を痛める可能性を軽減するだけではなく、汗をかいた際に手が滑るのを防止し、さらに路面からの振動による手の痺れを抑えてくれます。

手が疲れるとバイクコントロールに影響が出て、事故の原因となってしまいますので、グローブは必ず装着しておきましょう。

 

 

自転車専用ウェア

自転車用のウェアはロードバイクに乗る上である意味必須と言えるアイテムです。

通常のスポーツウェアでもロードバイクを楽しむことはできますが、サイクルウェアはサドルとあたる場所にパッドが仕込まれており、ロードバイクに長時間乗っていても痛みが出にくい構造となっています。

 

また、汗がこもりにくかったり、空気抵抗を減らしたりといったメリットもあるため、ロードバイクに乗る際にはできるだけ専用ウェアを着用しておくと良いでしょう。

 

 

ボトル&ボトルゲージ

地味ですが重要なアイテムです。

自転車は冬場でも大量に汗をかくため、こまめな水分補給が欠かせません。

脱水症状や熱中症を防ぐためにも、ドリンクを入れたボトルと、ボトルをフレームに搭載できるようになるボトルケージはできるだけ取り付けておきましょう。

 

パンク修理セット

ロードバイクに限らず、タイヤがパンクしてしまったら走ることができません。

幸い、ロードバイクを初めとするスポーツバイクはホイールが取り外しやすく作られており、ほとんど工具を使わずに簡単にパンクを修理することができます。

ロードバイクはロングライドで家から遠い場所まで走りに行ったり、ヒルクライムで山奥に行くことも多い趣味ですので、出先で行動不能にならないよう、パンク修理キットは必ず用意し、持ち歩くようにしましょう。

 

 

 

ロードバイクを乗るときにあると便利なアイテム

必須ではありませんが、ロードバイクに乗る際にあると便利なアイテムをご紹介します。

 

アイウェア

アイウェアはスポーツ用のサングラスです。

日光の反射やホコリ、風などから目を守り、快適に走行することができます。

 

ロードバイクは高速で走行するため、走行時に目にゴミが入ってしまうと危険です。

このようなトラブルを防ぐためにも、できるだけアイウェアを付けて走るようにしましょう。

 

サドルバック

サドルバック、フレームバックは自転車に取り付けられるバックです。

工具類や交換部品、携帯食料などを入れておくことができるため、ある程度の荷物量ならリュックサックなどを担ぐ必要がなくなります。

 

サイクルコンピュータ

サイクルコンピューターは走行速度や距離などを計測してくれるアイテム。

どのぐらいのスピードが出ているか分かればペース配分の参考になりますし、積算距離は走行後に達成感を感じることができます。

製品によってはGPSを活用したカーナビ機能が搭載されているものもあり、このような製品を取り付けておけば、ロングライドでの道迷いを予防してくれるでしょう。

 

ビンディングペダル

ピンディングペダルとは、シューズとペダルを専用のアタッチメントで固定するシステムです。

足がペダルから離れなくなるため、より足の力を自転車に伝えやすくなり、走りやすくなります。

ただ、慣れていないうちは咄嗟にペダルから足を外すことができないことが多く、事故の原因となってしまうため、最初は低速で取り外しの練習をしておくと良いでしょう。

 

 

ロードバイクを乗る前に気になる疑問を解決!

ロードバイクに乗りたいとお考えの方から良く相談される疑問についてお答えします。

 

 

ネット通販で購入するのは大丈夫?

最近は海外通販などで安価な完成車が販売されており、実店舗で購入するよりネット通販を利用した方が価格的には安くロードバイクを手に入れることができます。

ですが、ロードバイクは精密部品が多く使われているため、こまめなメンテナンスが欠かせません。

 

また、ロードバイクの性能を十分に発揮するためには、乗り手に合ったポジション調整も欠かせないのです。

ネット通販で購入した場合、これらのメンテナンスや調整を全て自分で行わなければならないため、価格が安くても手間ばかりかかってしまいます。

 

実店舗で購入すれば購入時にある程度ポジションを調整してくれますし、合わないようなら適宜調整も依頼できます。

また、メンテナンスや違和感があった際の相談もできるので、長くロードバイクと付き合いたいという方は実店舗で購入した方が安心です。

 

 

ロードバイクに乗ると足が太くなる?

太くなることもあります。

とはいっても、これは乗り方の問題で、ママチャリのように重いギヤをガンガン踏みつけるような漕ぎ方をしていると足が太くなります。

ロードバイクの場合、軽いギヤをクルクル回して速度を出す漕ぎ方が基本で、この漕ぎ方は筋力ではなく心肺機能を使う方法のため、筋肉はほとんど肥大しません。

どちらかといえば軽負荷の有酸素運動をずっと続けていることになるため、場合によっては足が細くなり、筋肉が引き締まってスタイルが良くなることの方が多いようです。

 

 

細いタイヤでパンクはしやすい?

パンクのしやすさはタイヤの質や走っているコースによって多少変わりますが、個人的な感覚では多くても月に1度あるかどうかといったところです。

遠出をするので予備のチューブやパンク修理キットは持ち歩いていますが、場合によっては3000km以上走っても使わないままということもあります。

 

ただ、工業地帯で金属片が落ちているような場所や、海沿いでとがった砂が多く落ちているような場所ではどうしてもパンクが起こりやすいため、走行時にはできるだけ路面がきれいな場所を選ぶ方が無難です。

 

 

初心者でもレースに出ることはできるの?

平坦路を高速で走行するレースの場合はどうしても位置取りなどに危険がともなうため、初心者の方にはおすすめできません。

ですが、ヒルクライムレースについては位置取り争いも無く、淡々と自分のペースで走り続けていれば良いので、初心者の方でも比較的安全に楽しむことができます。

 

ただ、ヒルクライムレースは大抵10kmぐらい登らされるので、慣れていないと体力的に厳しいかも知れません。

あらかじめ何度かコースを試走しておけば問題ないでしょう。

 

レースではなく、グランフォンドという競争の無いイベントもありますので、最初はそういったイベントに出るのも良いでしょう。

 

 

ロードバイクの寿命はどのくらいなの?

ロードバイクの寿命は大抵フレームがどれだけ持つかで考えます。

 

例えば、クロモリフレームは寿命が長く、サビに注意すれば数十年使い続けるられるそうです。

アルミは材質の特性上、加工直後が最も強度が高く、年数が経つにつれて柔らかくなっていくのですが、それでも10年以上は使い続けることができます。

ただ、カーボンフレームについては樹脂が紫外線で劣化してしまうため、金属系フレームに比べてやや寿命は短めです。

とはいえ、室内保管できちんとメンテナンスしていれば4万kmは問題無く乗れるので、年間5000km乗るとしても7~8年は乗れる計算になります。

 

コンポーネントに関しては使い方次第ですが、やはり上位グレードの方が寿命は長い傾向があるようです。

とはいえ、こちらもきちんとメンテナンスを行っていれば5年は楽に使い続けることができるため、そこまで心配する必要はありません。

 

 

まとめ

(写真は峠に上った際に雪が積もっていたときのものです(笑))

ロードバイクは比較的価格が高く、色々と普通のママチャリにはない特徴が多いため、初心者の方がチャレンジするのが難しいといわれています。

ですが、いざ乗ってみればそこまで難しいものではありませんし、何より走りの軽さと速さは他では味わえない唯一無二の楽しさです。

 

また、負荷の少ない有酸素運動でもあるため、体に負担をかけずにダイエットすることもできますし、適切な運動によってストレスを解消することもできます。

何より、ある程度の距離なら自分で走って行くことができるようになるので、バスや電車の時間を気にする必要も無くなり、気軽に観光や買い物に行くこともできるようになるでしょう。

 

ダイエットからストレス解消まで楽しめるロードバイクをこの機会に始めてみませんか?

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>