ロードバイクとは違い、不整地を走ることを目的として作られたMTB。

通勤や通学用や、ホビー用としてMTBをはじめようとお考えの方にMTBの魅力や特徴、おすすめのバイクをご紹介します。

MTBをはじめて乗る際に用意しておいた方が良いアイテムや、便利なアイテムも紹介しますので、MTB初心者の方は是非ご参考にしてください。

 

 

MTBの魅力とは?

MTBは舗装されていない山道や里山を自由に走り、自然をより身近に感じることができるのが魅力の自転車です。

荒れた路面や石が転がっている路面でも安心して走行できるのもポイントで、路面の状況に合わせて自転車をコントロールするという楽しみもMTBの魅力といえます。

 

また、舗装路についてもギヤの組み合わせ方によってある程度のスピードで走行することができるため、1台で色々な用途に使いたいという方にもおすすめです。

 

 

MTBの特徴は?

MTBというとオフロード向けの自転車ですが、実は走る場所によって色々な種類がラインナップされています。

一般的にイメージされやすい山道や平坦路の不整地はクロスカントリーと呼ばれており、街中での利用もこのタイプの製品が向いています。

また、振動を吸収するサスペンションについても前のみに取り付けられているものが主流です。

一部の製品では平坦路やオンロード性能を重視してフロントサスペンションをロックすることができるものや、乗り心地を重視してリヤにもサスペンションが取り付けられているものもあります。

 

山道などの上り下りが多く、障害物も多い場所を走るMTBはオールマウンテンと呼ばれています。

このタイプの製品は急な登りをこなせるよう軽めのギヤが多く取り付けられており、ブレーキも下りを安全にこなすためにディスクブレーキが多く用いられているのが特徴です。

 

MTBを用いた競技では、下りをどれだけ速く走ることができるかを競うダウンヒルというものがあり、この競技専用に作られたMTBをダウンヒルバイクと言います。

下りを高速で下る目的で作られているため、ギヤ比は他のタイプと違って重いものが中心となっており、ブレーキも激しい振動を受けながらコントロールできるよう、軽い力で強い制動力を発揮できる油圧ディスクブレーキが用いられることが多いようです。

サスペンションについても、前後に大きな油圧サスペンションが搭載されており、不整地での高速走行での振動を抑えています。

 

 

MTBとロードバイクの違いって何?

ロードバイクやクロスバイクなどのオンロード向け自転車と違い、MTBはオフロード向けの設計となっているため、荒れた路面や山中など、自然により近い場所を走ることができます。

そのため、より自然を身近に感じることができるでしょう。

 

MTBはオフロード向けに設計されており、タイヤが太めで表面にも滑り止めとして大きなブロックが取り付けられているため、舗装路を速く走るのはあまり得意としていません。

ですので、通勤や通学に利用する場合、どうしてもMTBは避けられがちです。

しかし、実際にはMTBでも十分な速度で舗装路を走ることができますし、タイヤをオンロード用のものに交換することで、クロスバイクと同じぐらいの走行性能を実現することもできます。

 

タイヤ径が29インチと700Cとほぼ同等のタイヤ径のMTBの場合ですが、ロードバイクで30km/h出せる脚力があるなら27km/h程度を簡単に維持することができるでしょう。

とはいえ、単純にオンロードを走るだけならロードバイクの方が楽にスピードを出せますし、疲労も抑えられるので、オフロードを走る予定が無いならロードバイクの方が良いでしょう。

 

 

ほかにもMTBならではの特徴が!

ロードバイクはレースでのレギュレーションによってホイールサイズが700Cと定められているため、市販されている製品はほぼ全て700Cのホイールが取り付けられています。

しかし、MTBは使用できるホイールサイズが複数存在し、26インチや29インチ、650Bのホイールを搭載した製品が販売されているのです。

このホイールサイズの違いによって自転車の特性も変わってくるため、ホイールサイズごとの特徴についてご紹介していきます。

 

 

29インチホイールの特徴とメリットは?

29インチはホイールの大きさだけなら700Cとほぼ同等で、タイヤの太さを足すとロードバイクよりさらに直径が大きくなります。

そのため、ホイールが一回転した際の走行距離がMTBの中で最も大きくなり、速度を出しやすいという特徴があります。

また、ハブから地面までの距離が長くなるため、障害物を乗り越える際に必要な力が少なくなるというメリットもあるため、走破性の高さも特徴です。

 

ただ、ホイールが大きくなるので車重がやや重い傾向がありますので、担いで移動する場合はやや負担となるでしょう。

 

 

26インチホイールの特徴とメリットは?

26インチホイールは長くMTBで使い続けられているホイールサイズです。

ホイールがやや小さいのでコントロールがしやすく、障害物を避けながら走行する用途に向いています。

 

29インチホイールに比べるとホイールサイズが小さいので軽量化しやすいですが、どうしてもハブと地面の距離が狭くなるため、障害物や段差を乗り越える際に技術が必要となる点には注意が必要です。

 

 

650Bホイールの特徴とメリットは?

650Bはインチで表現すると27.5インチに相当するサイズになります。

29インチホイールと26インチホイールのデメリットを減らしたいいとこ取りのような性能となっており、プロのレースでも近年はこのサイズのホイールを用いたバイクが多く用いられています。

 

全体的にバランスが良く、平地の走行性も悪路の走破性も高いため、色々な使い方をしたいという方におすすめのホイールです。

 

 

MTBのディスクブレーキはどうやって選ぶ?

MTBでは制動力を重視してディスクブレーキが多く用いられていますが、購入の際にはどんな点に注意する必要があるのでしょうか?

MTB用のディスクブレーキでは、レバーの力をブレーキに伝える方法として、金属製のワイヤーを利用する方法と油圧を用いる方法とがあります。

 

ワイヤーはメンテナンスが容易なため、初心者向けモデルに多く搭載されていますが、ワイヤーがカバーの中を擦れる抵抗があるため、どうしてもブレーキ操作に力が必要です。

油圧はメンテナンスが難しいというデメリットがありますが、ワイヤーのように摩擦がかからず、機構的にもリニアに力を伝えることができるため、軽い力で細かなブレーキ操作ができるというメリットがあります。

 

本格的にトレイルなどのオフロード走行をお考えなら、操作性を重視した油圧式ディスクブレーキを搭載すると良いでしょう。

 

 

MTBを購入するならどのメーカーがおすすめ?

MTBは色々なメーカーが販売していますが、はじめて購入する場合、コストパフォーマンスを重視するならメリダ、性能を重視するならスペシャライズドがおすすめです。

 

メリダは台湾の自転車メーカーで、プロ用から初心者用までさまざまな製品を販売しています。

ロードバイクでは新城幸也選手が所属しているバーレーン・メリダにも機材を提供しており、MTBについても日本国内ではミヤタ・メリダに機材を提供。

また、ノルウェーナショナルチームに所属しているガンリタ選手にも機材を提供しています。

 

スペシャライズドはレース向けバイクを販売しているメーカーで、ロードバイクではエティックス・クイックステップなどの名門に機材を提供し、さまざまなレースで勝利を収めています。

MTBでも複数のチームに機材を提供しており、レースや本格的なトレイル走行を目指す方におすすめです。

また、スペシャライズドは世界的なMTB人気を牽引した名作、「STUMPJUMPER」を作り出したメーカーでもあります。

 

 

初めてのMTBのおすすめモデルはこれ!

はじめてMTBを購入する方向けに、おすすめの製品をご紹介します。

 

 

街中を気軽に走りたい人におすすめのMTB

街中を主に走る目的で購入する場合には、クロスカントリータイプのMTBがおすすめとなります。

 

メリダ:BIG.NINE 20-MD

こちらはメリダの入門向けクロスカントリーバイクで、ワイヤー式ディスクブレーキと29インチホイールが搭載されている製品です。

価格は約6万円とお手頃で、通勤通学に使用しつつ週末にはトレイルを走行したいという方におすすめとなっています。

フレームにはサイドスタンドを簡単に設置できるよう「K-MOUNT」というマウントシステムが搭載されているため、駐輪場などに駐車する際にも便利です。

 

 

スペシャライズド:PITCH MEN SPORT 27.5

こちらはスペシャライズドのクロスカントリーバイクで、650Bホイールが搭載されているモデルです。

価格は約6万円でブレーキはワイヤー式ディスクブレーキ、11-34tのギヤが搭載されているため、平坦から登りまで幅広く対応しています。

ホイールサイズが650Bと取り回しが良い自転車ですので、色々な用途やコースでMTBを楽しみたいという方におすすめです。

 

 

山道をオールラウンドに走りたい人にはこのMTB!

メリダ:ONE-TWENTY 7.600

アップダウンの多い山道の走行を目的とするならこちらの「ONE-TWENTY 7.600」がおすすめです。

価格は約27万円で、前後に強力なサスペンションを搭載することで路面からの振動を軽減。

650Bのホイールには大径ベアリングを搭載することで剛性も強化されており、レースなどの激しいコンディションでも十分な性能を持っています。

 

 

STUMPJUMPER FSR COMP 27.5

 

「STUMPJUMPER FSR COMP 27.5」は、アップダウンが多く、障害物も多いオフロード走行を目的に作られているMTBです。

価格は約32万円。前後に強力なサスペンションが搭載されており、大きな凹凸が連続する路面でも乗り心地を維持。

ギヤも11-42tとワイドな仕様となっているため、登りでも下りでもオールラウンドにこなすことができるでしょう。

 

 

とにかくダウンヒルを楽しみたい人にはこのMTB

メリダ:ONE-SIXTY 600

ダウンヒルを楽しみたいという方におすすめなのがこちらの「ONE-SIXTY 600」です。

価格は約32万円で、軽量でバランスの良いエアーサスペンションを搭載。

ギヤは11-50tとダウンヒル用の重めギヤとヒルクライム用の軽いギヤが搭載されているため、ある程度登りもこなすことができるのがポイントです。

 

 

スペシャライズド:DEMO 8 FSR I 650B

DEMO 8 FSR I 650Bはスペシャライズドのダウンヒルバイクです。

価格は約42万円で、高剛性のアルミを用いた左右非対称フレームと、大径ヘッドチューブが特徴で、剛性と操作性が要求されるダウンヒルレースでも安心して走行することができるでしょう。

コンポーネントにはチェーン保持力の高いSRAM GXリアディレイラーが用いられており、岩場でもチェーン脱落の危険性が抑えられているのもポイントです。

 

 

MTBに乗る前に揃えておきたいアイテム

MTBを購入する際には、どのようなアイテムを用意しておく必要があるのでしょうか?

 

まず重要なのが、ライダーの体を守るアイテムです。

ヘルメット、指先までしっかり保護できるグローブ、専用ジャージを用意しておき、転倒時の怪我から体を守りましょう。

 

その他には、メンテナンス用アイテムも準備しておきましょう。

MTBはオフロードを走行するため、パンクして走行不能となってしまわないよう、パンク修理キットや空気入れが欠かせません。

 

街乗りやロングライドもお考えなら、駐輪時に愛車を盗難から守るために鍵も必要です。

コンビニなどで駐輪する際に使える簡易的なものと、長時間の駐輪向けに強力な鍵を用意しておくと、利便性とセキュリティを両立することができるでしょう。

 

ロングライドなら水分補給用にボトルと、ボトルを搭載するためのボトルケージもおすすめです。

街中なら水分補給はそれほど難しくありませんが、山中ではコンビニや商店、自販機などが無いため、自分で飲み物を十分に用意しておかなければなりません。

 

 

MTBを乗るときにあると便利なアイテム

必須ではありませんが、あると便利なアイテムについてもご紹介していきます。

 

通勤や通学でMTBを使用する場合には、駐輪用のスタンドと、保安部品であるベルがあると良いでしょう。

ベルについては法令で取付が必要となるため、メーカー品ならあらかじめ搭載されていることも多いのですが、レース向け製品では付属していないこともあるため、もし無い場合は追加しておいてください。

 

通勤通学目的でもMTBを利用する場合は、バックパックがあると良いでしょう。

自転車用のバックパックなら、背中の蒸れを抑える仕組みが用いられていますし、背中の曲面にフィットする構造となっているため、荷物を楽に担ぐことができます。

また、工具類や交換用のチューブなどを持ち運ぶ場合にはヒップバッグやサドルバッグがあると良いでしょう。

 

工具についてはパンク修理キットだけでも良いのですが、ちょっとしたボルトの緩みや部品の交換を行えるように簡易工具を用意しておくのもおすすめです。

自転車店ならドライバーや六角レンチなどがセットになった簡易工具が販売されていますので、交換したい部品にあった製品を選ぶと良いでしょう。

 

走行性能や快適性などを向上したい場合には、ピンディングペダルやサイクルコンピュータの追加がおすすめです。

サイクルコンピュータを取り付ければ速度やペダルの回転数、走行距離などを確認することができるため、ペース維持などに役立ちます。

ピンディングペダルはペダルとサイクルシューズを固定することができる部品で、足がペダルから離れなくなるので脚力を無駄なくペダルに伝えることができます。

ピンディングペダルを利用する場合は対応したシューズも必要となります。

 

 

MTBの疑問点

MTB初心者によくある質問、疑問についてまとめました。

 

1.初心者でもレースに出場することはできる?

初心者向けのトレイル走行会やレースが開催されていますので、初心者でもレースに出場することは可能です。

ただ、オフロード走行はややコツと慣れが必要ですので、ショップの走行会などに参加してコツを教えてもらっても良いかもしれません。

 

2.MTBの寿命はどれぐらい?

自転車の寿命は使用している環境とメンテナンスによって大きく変わります。

レースなどで酷使している場合はフレームやパーツにダメージが蓄積していくため、4~5年程度で乗り換えた方が良いでしょう。

街乗り中心で週末にトレイルを走行するといった使い方なら、きちんと定期的にメンテナンスを行えば10年近く使うこともできます。

 

ただ、古くなってくるとパーツの性能が低下したり、走行中に故障するリスクが大きくなったりしますので、定期的にショップでオーバーホールしてもらいましょう。

 

3.MTBを初めて購入するならどこで買うのがいいの?

MTBを購入する方法は、ネット通販などで購入する方法と、自転車店で購入する方法とがあります。

通販の方が購入価格自体は安い場合が多いのですが、メンテナンスや調整などのことを考え、実店舗で購入した方が良いでしょう。

 

全くMTBの経験がなく、レース等への出場にも興味があるなら、ロードバイクやMTBに詳しいプロショップでの購入をおすすめします。

プロショップでは購入者向けに講習会を行っていたり、自店舗でチームを作っているため、初心者でも安心してレースに出場することができるでしょう。

 

 
ここまで記事を読んでくださったあなただけに特別な特典です!

現在サイクルワークスオオタキではキャンペーンを行っています。
当店にご来店の際に「サイクルワークスオオタキのブログを見たよ!」と店長に言っていただければ500円分のお買い物ポイントをプレゼントします!

※¹ポイントは会員カードに付属されるので会員カード(無料)の作成が必要です。
※²買い物をしなくても、来店したさいに会員カードを作成していただくだけでもポイントはプレゼントいたします。

お店にお越しいただければご相談に乗りながらあなたにピッタリのバイクをお探しします!お近くにお住いの方はぜひお越しいただけると幸いです。
サイクルワークスオオタキ
  • 〒369-0111
  • 埼玉県鴻巣市新宿1-18-2
  • TEL: 048-577-5377
お店のHPはこちら>>